サステナブル・ファイナンスを通じた環境・社会課題解決への貢献

農林中央金庫が目指すサステナブル・ファイナンス

当金庫は、農林水産業を支える協同組織の一員として、自らのビジネスが、農林水産業の営みによる「いのち」や自然の循環とともにあることを認識したうえで、環境・社会課題の解決を通じ、農林水産業を含む社会、そして当金庫の事業活動が持続可能なものとなるよう、SDGsの実現をはじめとするサステナブル経営を推進しています。その実現に向けて、ファイナンスを通じてこれらの課題に取り組んでいきます。
サステナブル・ファイナンスの実施にあたっては、「ビジネス機会獲得」と「リスク管理」の2つの側面からアプローチをしていくこととしています。また、従来の財務リスクに基づく与信判断に、環境・社会リスク認識を統合した「ESGインテグレーション」の枠組みも導入し、内部牽制のみならず、取引先と対話を行うためのツールとしても活用していきます。

  • ビジネス機会獲得

    サステナブル・ファイナンス

    収益の確保を前提に、持続可能な環境・社会や農林水産業の発展につながる投融資を実践します。
    2020年度新規実行額実績 約6,000億円
    2021年3月末保有残高 約2.4兆円
    2030年中長期目標 新規実行額 10兆円

    当金庫のサステナブル・ファイナンスとは以下のものを指します。

    ■ 投融資
    • 「サステナビリティ・リンク・ローン」、「グリーン・ローン」、「ソーシャル・ローン」、「サステナビリティ・ローン」
    • ESGに関する認証取得先への投融資および認証が付与された投融資
    • その他環境・社会課題解決に貢献する投融資
    ■ 調達
    • サステナブルに関連する資金調達
    再生可能エネルギー需要に対するJAバンクの取組み
ESGインテグレーション

従来の財務リスクに基づく与信判断に、環境・社会リスク認識を統合した投融資の意思決定プロセスの構築を目指します。内部牽制のみならず、非財務情報を活用して取引先と対話を行うためのツールとしても利用していきます。

  • リスク管理

    環境・社会リスク管理(ESRM)

    個別の投融資先やプロジェクト関連の取引に対する投融資の判断を行う際に、環境リスクと社会リスクを評価・検討することを目的として、ESRM態勢を構築しています。

    ■ ESRMのフレームワーク

    ESRMのフレームワーク
ESGインテグレーション

従来の財務リスクに基づく与信判断に、環境・社会リスク認識を統合した投融資の意思決定プロセスの構築を目指します。内部牽制のみならず、非財務情報を活用して取引先と対話を行うためのツールとしても利用していきます。

pagetop