組織概要

農林中央金庫の歴史

農林中央金庫は、大正12年に「産業組合中央金庫」として設立され、昭和18年に名称が現在の「農林中央金庫」に改められました。

当金庫は、農林水産業の協同組合等を会員とする、協同組織の全国金融機関として、日本の農林水産業の発展に貢献しています。

概要

名称

農林中央金庫(英文名称:The Norinchukin Bank)

根拠法

農林中央金庫法(平成13年法律第93号)

設立年月日

大正12年12月20日(1923.12.20)

経営管理委員会会長

中家 徹(なかや とおる)

代表理事理事長

奥 和登(おく かずと)

資本金

3兆4,804億円(平成30年3月31日現在)

  • 出資は、会員および優先出資者から受け入れています。

連結総資産額

104兆9,277億円( 平成30年3月31日現在)

連結自己資本比率
(国際統一基準)

普通出資等Tier 1比率19.02%(平成30年3月31日現在)
Tier 1比率19.02%(平成30年3月31日現在)
総自己資本比率23.50%(平成30年3月31日現在)

会員

JA(農協)、JF(漁協)、JForest(森組)およびそれらの連合会、その他の農林水産業者の協同組織等のうち、農林中央金庫に出資している団体。(平成30年3月31日現在 3,585団体)

従業員数

3,608人 (平成30年3月31日現在)

事業所

  • 本店…1
  • 国内支店…19
  • 分室…1
  • 営業所…17
  • 海外支店…3
  • 海外駐在員事務所…2
    (平成30年3月31日現在)

■格付

格付機関名 長期債務格付 短期債務格付

スタンダード&プアーズ社

A

A-1

ムーディーズ社

A1

P-1

(平成30年3月31日現在)

pagetop