食農ビジネス

食農バリューチェーンのファーストコールバンクへ

資金・情報・ノウハウを融合・活用して

 私たちは、農林水産業の成長産業化を推進するため、2016~2018年度を対象とする中期経営計画で、新たな事業の柱の1 つとして「食農ビジネス」を立ち上げました。“川上”である生産から食品に関連する産業(加工・流通・外食など)を経て“川下”である国内外の消費に至る食農バリューチェーン、その各所をささえ、つなぐことで、全体の付加価値を向上させて、農林水産業の成長産業化に貢献することを目指しています。目標とするのは、食農バリューチェーンを構成している皆さまから頼りにされ、最初に声をかけていただける金融機関、すなわち「ファーストコールバンク」になることです。

人・組織・企業をささえ、つないで農林水産業を成長産業に

 食農バリューチェーンを担っているのはさまざまな人であり、組織であり、企業です。そして、そうしたバリューチェーン全体に積極的・多面的に参加することで、バリューチェーン全体をささえ、つなぐのが私たちの食農ビジネスです。出資によるリスクマネーの供給や日本農業経営大学校への支援を通じた人財の育成、農業関連の技術や経営を高度化するための支援、そして農林水産物の輸出サポートや農林水産業の6次産業化を通じた販売力の強化。これらの取組みを通じて食農バリューチェーンを形づくる人・組織・企業をささえ、つなぐことで、農林中央金庫は農林水産業の成長産業化を前に進めていきます。

よくあるご質問

関連リンク

pagetop