リテールビジネス

JA バンク・JF マリンバンクの一員としてさまざまな金融機能を提供

地域ごとのニーズに応えつつ、効率的な運営を実現

 全国各地のJA・JFおよび信農連・信漁連は、それぞれが独立した金融機関として、地域ごとに異なるさまざまな金融ニーズに応える、きめ細かなサービスを提供しています。
 このサービスをより効率的に提供していくため、金融商品の設計やシステム開発、有価証券の集中運用、テレビCMをはじめとする宣伝・広告など、一括して手がけることでスケールメリットを活かせる機能については、都道府県レベルでは信農連・信漁連が担い、全国レベルでは私たち農林中央金庫が担っています。

データでみるJAバンク(JA・信農連・農林中央金庫)
〜組合員・地域のみなさまの生活メインバンク〜

地域ごとの資金ニーズにきめ細かく対応しながらJAバンク・JFマリンバンクとして資金を効率的に運用

 農林中央金庫はリテールビジネスにおいて、各地のJA・信農連とともに「JAバンク」という総称の金融グループを構成しています。
 JAバンクでは、JA・信農連・農林中央金庫の3者が役割を分担し、効率的に資金を運用しています。各JAが組合員や地域の利用者からお預かりした貯金は、まずJA自身による地域の資金ニーズへの対応に使われます。この対応とは具体的には、地域の農家・農業法人・利用者の皆さまに対する貸出です。
 各JAにおいて運用後、余った資金は、都道府県レベルの信農連に預けられ、大規模な農家・農業法人や県内企業などへの貸出などで運用されます。ここでも運用後、余った資金が、私たち農林中央金庫に預けられます。
 こうして託された資金の最終的な運用の担い手として、私たちは農林水産業団体や農業法人、農林水産業関連企業や一般企業などへの投融資を行うとともに、グローバルな金融市場で国際分散投資を行い、そこでの運用益を信農連やJAに還元しています。
 また、水産分野でも、JF・信漁連・農林中央金庫の3者が「JFマリンバンク」として、JAバンクの場合と同様に役割を分担し、効率的な資金運用を行っています。

“農”の分野で国内最大の貸し手
JAバンクはこれからも「農業のメインバンク」へ

 農業向けの融資についても、JAバンクはJA・信農連・農林中央金庫で役割を分担しています。小規模な農家・農業法人の資金ニーズについては地域のJAが対応し、大規模な農家・農業法人などに対しては信農連と農林中央金庫が中心になって応えます。
 この結果、JAバンクの農業関連融資はJAが1.2兆円、信農連が0.8兆円、農林中央金庫が0.4 兆円で、合計2.4兆円(JAバンクが窓口となる日本政策金融公庫の受託を含む)。JAバンクは国内の農業関連融資・総額4.2兆円の約6 割を占める最大の貸し手です。
 JAバンクの農業関連融資残高はここしばらく微減ペースで推移してきましたが、農業法人へのアプローチを強化した結果、2017年3月末には、前年度比で増加に転じました。また、単年度の農業融資の新規実行額も2016年度は前年度から36%もの大幅増を記録。2017年度も増加基調を継続しています。
 JAバンクによる農業融資の伸びの背景には、JA・信農連・農林中央金庫がそれぞれに、あるいは連携して、農業関連分野への資金供給の強化に取り組んでいることがあります。バリューレポート2018 34~38ページの「食農バリューチェーンをささえ・つなぐ食農ビジネス」で紹介されている岡山県笠岡市の農業生産法人・有限会社エーアンドエスへの対応はその一例。JA倉敷かさやと農林中央金庫とが一体のJAバンクとして、ニーズに合わせた多様な金融サービスを提供しています。
 JAバンクはこれからも、農業の産業規模の拡大に伴って増大する資金需要にしっかりと応えていく「農業のメインバンク」であり続けます。

よくあるご質問

関連リンク

pagetop