投資ビジネス

JAバンク・JFマリンバンクの運用の最終的な担い手として中長期的に安定した収益を追求

高度なリスクマネジメントのもと
国際分散投資を通じて、中長期的な安定収益を確保

 JAバンク・JFマリンバンクの資金を最終的に運用する役割を担っているのが、私たち農林中央金庫です。そのため、投資ビジネスでは中長期的に安定した収益を確保し、運用益を会員に還元し続けていくことを究極の目的として、スケールメリットを活かした効率的な運用を行っています。
 この目的の実現を目指し、日本が低金利時代に入った20 年ほど前から、グローバルな金融市場を舞台として、いち早く「国際分散投資」に取組んできました。ニューヨーク、ロンドン、シンガポール、香港、北京、シドニーなどの海外拠点を活用し、グローバルなネットワークを構築。豊富に得られる情報を精査したうえで活かし、限られた市場・資産に集中投資するのではなく、リスク・リターン特性の異なる幅広い市場・資産に分散投資することにより、ポートフォリオ(運用資産)全体のリスクを抑制しています。
 特に外貨建て資産の運用に際しては、変動の大きな為替リスクを極力ヘッジしています。
 私たちは収益の安定化を極限まで追求するため、投資手法やリスクマネジメントについて不断の見直しを行い、国際分散投資の高度化に挑戦し続けています。

市場環境の変化に迅速・適切に対応する国際分散投資の進化と深化

 私たち農林中央金庫が国際分散投資というコンセプトを導入したのは今から20年前、1998年度のことです。バブル崩壊後の景気低迷が長引くなか、国内での低金利環境と投融資の競争激化を受け、投資対象を拡げることで運用力の強化を図ることが狙いでした。
 続いて2001年度には、アセットアロケーション(資産配分)の考え方を本格導入し、ポートフォリオ(運用資産)全体の最適化を目指す運用体制を確立したのです。
 2008年度、この年に発生したリーマン・ショックを受け、国際分散投資の基本コンセプトは維持しながらも、JA、JF、JForestなど会員に対する安全かつ確実な運用益の還元を目指して、投資対象の選別体制を抜本的に見直し。ボラティリティ(価格の変動性)が低く、資産価格の下落への抵抗力が強いポートフォリオの構築を目指すことになりました。
 その後も、投資の進化(投資対象の拡大)と投資の深化(投資手法・リスクマネジメントの高度化)、そして体制の整備に精力的に取り組み、既存の投資のみならず、プロジェクトファイナンス(事業金融)等にも参入。従来型投資とは異なる情報収集・運用を世界規模で行うため、2017年度には役員の海外駐在を開始したほか、オーストラリアに現地法人を設立し、運用体制の強化に努めています。

農林中央金庫の国際分散投資の今

 コンセプト導入から20年、リーマン・ショックから数えても10年、私たちの国際分散投資は進化と深化を続け、現在のポートフォリオに反映されています。
 投資対象には、大きく分けて債券、株式、クレジット、オルタナティブの4 資産があり、それぞれへの投資の狙いは次のようなものです。
 このような投資対象の拡大に伴い、投資機会を探る範囲もますます広がっています。私たちのグローバル・インベストメンツ本部の役職員が自ら調査に赴いた先は世界59もの国・地域に達しており、今後さらに増えていく見込みです。

よくあるご質問

関連リンク

pagetop