分野3:サステナビリティ経営の推進

本分野では、客観性・透明性の高い経営管理体制のもとで、事業活動を通じた環境・社会の持続可能性の確保に努めます。また高度な情報開示の実施に加えて、ステークホルダーのみなさま、有識者の方々と定期的に意見交換をすることにより、サステナブル経営の不断の検討・改善を重ねます。

課題と中期目標

課題 中期目標
課題3-1 透明性のある組織統治体制の確保 客観性・透明性の高い経営管理体制の実現に向けて、不断に取り組む。
課題3-2 環境や社会に関するリスク機会の管理強化 社会情勢やステークホルダーの声を踏まえたサステナブル重要課題の特定と、リスクや事業機会の検討を継続的に実施し、高度な情報開示を実現する。
課題3-3 ステークホルダーエンゲージメントの強化 ステークホルダーとの対話を継続的に実施し、意見を反映させた当金庫らしい事業創出、社会貢献活動を展開する。

主な取り組み

  • サステナビリティ有識者とのダイアログ
  • ステークホルダーとのサステナビリティに関する意見交換
  • 系統全国連をはじめ協同組合組織との連携強化

関連するSDGs

農林中央金庫のステークホルダー

  • JA(農協)、JF(漁協)、JForest(森林組合)などの会員
  • 会員の組合員(農林水産業に従事するみなさま)、農林水産関連企業をはじめとする預貯金や貸出のお取引先
  • 地域社会のみなさま
  • 金融機関や市場参加者、業務委託先など業務全般にわたるビジネスパートナー
  • 行政
  • 職員

当金庫の経営や日常の業務活動と密接な関係にあるこれらのステークホルダー(利害関係者等)との信頼関係は、一朝一夕で築き上げられたものではなく、設立以来の歴史のなかで営々と築かれてきたものです。
この信頼関係は、当金庫にとって大切な財産であり、基本的使命や社会的責任を果たしていくためにも、今後も一層強固な信頼関係を維持・構築していくことが大切です。
そのためにも、ステークホルダーに対して、ディスクロージャーやアカウンタビリティーを重視し、透明性の高い組織風土を構築していく努力を続けていきます。

ステークホルダーとの意見交換

「存在意義」「中長期目標」の策定にあたり、2020年10月、環境省環境事務次官 中井徳太郎様、農林水産省大臣官房環境政策室長 久保牧衣子様と、当金庫経営管理委員との意見交換を行いました。気候変動がもたらす諸影響とグローバルに進む官民の取組み、環境・社会課題解決に向けて民間企業が取組みを行う意義・重要性等についてご講演をいただき、当金庫の役員ワークショップでの議論も共有したうえで、意見交換を行いました。

また、2021年2月には、農業生産力向上と持続性確保の両立を目指す農林水産省の「みどりの食料システム戦略」について、農林水産副大臣 葉梨康弘様、農林水産大臣政務官 熊野正士様、農林水産事務次官 枝元真徹様と、当金庫役員との意見交換を行いました。食農バリューチェーン全体のグリーン化に向けたイノベーションの重要性や、ESG投資について意見を交わしました。

農林水産省との意見交換の様子(オンライン会議)

サステナブル・ファイナンスにおける取組み

投融資先との対話を通じて、投融資先のサステナビリティ取組みの支援やビジネスチャンスの創出につなげていきます。

ESGインテグレーション/サステナビリティ・リンク・ローン

トピック

農林中金バリューインベストメンツ株式会社におけるエンゲージメントの実践

グループ会社の農林中金バリューインベストメンツ株式会社(以下、NVIC)では、長期投資可能企業を見出す目利き力、長期投資家としての視点、グローバルに企業との対話を蓄積してきた経験等を最大限に発揮し、「資本コスト」「競争優位を築く事業戦略」等の観点で、経営者に“意味のある気づき”を提供する対話を志向しています。
2014年の創業以来、NVICが積み上げてきた企業分析や対話ノウハウを当金庫にも活かし、当金庫のご融資先との建設的な対話を行うことを目的として、2019年よりNVICと協働する取組みを開始しています。
グループ一体となったエンゲージメントの取組みを通じて、投融資先の持続可能な発展に貢献します。

pagetop