ニュースリリース

Gulf Japan Food FundならびにMizuho Gulf Capital Partners Ltdによる株式会社ファーマインドとの資本業務提携について

2019年12月5日

株式会社みずほ銀行

農林中央金庫

Gulf Japan Food FundならびにMizuho Gulf Capital Partners Ltd

による株式会社ファーマインドとの資本業務提携について

 株式会社みずほ銀行(頭取:藤原 弘治)および農林中央金庫(代表理事理事長:奥 和登)などが出資するGulf Japan Food Fund(以下「GJFF」)は、このたび、GJFFに投資助言を行うMizuho Gulf Capital Partners Ltd(以下「MGCP」)とともに、株式会社ファーマインド(代表取締役社長:堀内 達生、以下「ファーマインド」)との間で資本業務提携をすることについて合意しました。GJFFは、2019年12月19日に予定されているファーマインドの臨時株主総会での承認を前提に、第三者割当により発行する転換社債型新株予約権付社債25億円を引き受け資本参加し、ファーマインドの経営に参画する予定です。

 ファーマインドは1991年の創業以来、生産者の想いを消費者に伝えることを追い求め、全国規模でコールドチェーンを展開する青果の総合流通企業として「生産者と消費者を繋げる」ことに貢献してきました。全国14拠点の青果専用センターを柱とした日本全土をカバーするコールドチェーン、独自で青果専用に開発したITシステム、さらには調達、製造・加工、マーケティング、物流、販売まで、青果流通全体を網羅する幅広い専門機能を有し、バナナ、アボカド、キウイ、パイナップルを始めとする輸入青果物から、多数の国産青果物まで幅広い商品を取り扱っています。

 GJFFは、日本から中東地域に向けた食品・農水産物および関連する生産・操業技術等の輸出拡大を金融面から支援することを目的として、2016年3月から投資活動を開始したプライベート・エクイティ・ファンドです。

 今回の資本業務提携を通じて、GJFFおよびMGCPとファーマインドは協働してコールドチェーンを始めとした高度なサプライチェーン技術の中東地域等、海外への展開や、海外市場への日本産の高品質な農産品の輸出促進等を目指し、企業価値の向上を図るとともに、日本・海外の双方の生産者・消費者のニーズに貢献して参ります。

 GJFFおよびMGCPは、こうした取組みを通じ、日本の農食産品および関連技術の輸出拡大に加え、世界レベルでの食品流通ロスの削減等サステナブルな社会の実現にも貢献していきます。

 みずほ銀行と農林中央金庫は、今後もGJFFを通じた「農」・「食」関連事業における付加価値や市場の創造へ貢献していきます。

以 上

【本件に関するお問い合せ先】
みずほ銀行 コーポレート・コミュニケーション部 03-5252-6574
農林中央金庫 総務部広報企画班 03-5222-2017

pagetop